めざせ!憧れの2輪ライダー

 Martianの大型二輪教習 普通二輪と違うところ、同じところ
今回の大型自動二輪教習と2年前の普通自動二輪教習での違いを思いつくままにあげてみます  
  
 
初めに車種。普通自動二輪(以下中型と略記)ではCB400SF、大型自動二輪(以下大型と略記)ではGSF750CB750。並べて置いているのを見ると大型の方がひとまわりからふたまわり大きく見えます取りまわしですが、不思議なことに中型を初めて押して歩いたときの感じと大型を初めて押したときの感じは同じようなものでした。中型の取りまわしに慣れていたせいかもしれません。跨った感じは同じでした。足つきがあまり違わないのです(教習所仕様というのがあるそうです)。クラッチを繋いで発進するときは大型が力強いですね。時速60kmまでの加速もかなり大きいです。低速ではむしろ大型の方がエンストに気を使わなくて良いのでです。ただスロットルを開けるときは慎重にしないとぶっ飛んでしまいます。たまに暴走しちゃう生徒がいるそうです。
 停止するときは、中型のときは初めのうち調整できなくて発着点にうまく止められなかったのですが、大型のときは初めから楽に出来ました。一度慣れてしまうと違いはないようです。坂道発進では坂を下ろうとする重力が大きく働くせいか、リアブレーキをしっかり踏んでいないと後退する恐れがあります。半クラが効き出すまでは要注意です。
 課題走行では、クランク、S字、スラローム、直線狭路とも操作自体の違いは感じませんでした。中型でクリアしてるので苦労することはあまりないと思います。ただ、スラロームと直線狭路は時間制限がきびしくなるので、私の場合は直線狭路10秒の壁に悩みましたよ(歳のせいです)。波状路は大型のみにある課題なので、それ自体が違うのですが、スタンディングポジションを身体で覚えて、目線を前方に据え、進入時の速度を抑えて、あとはクラッチを切る、繋ぐを慎重にやるだけでクリアできます。バランスは左右の脚への荷重配分でコントロールします。私はスタンディングポジションが初日はうまくとれませんでしたので、自分の中型バイクで練習しました。立ちあがったらすぐに上体を立てたまま、膝を前に出して行き、タンクの上に腰掛けるようにするとOKです。急制動は進入速度がオーバーすると大型の場合停止位置までに止まれなくなります。そのためスピードメーターを頻回に見ながら制動開始位置まで行きます。
 法規走行は全く違いがないはずですが、他の人もHPで指摘してるように安全確認が大型の方がまてになっているようです。私の場合は中型と大型で教習所が違ったせいもあるのでしょうが、中型では発進時右後方確認でしたが大型では
左右後方の確認になっていました。あとは加減速のメリハリは必ず指摘されます。

最後に、私の個人的意見ですが、波状路のような状況は普通は公道で出くわすことはまずないと思います。そして教習や検定にはないのですが、公道で必要に迫られて困るのがUターンだと思います。今回の大型教習では小転回という項目で50分間練習しました(汗だく・・転倒2回)が、検定にはありません。むしろUターンを教習や検定に取り入れた方が実用的だと思っています。ちなみに私がお勧めするライテクの本は内外出版社の
「柏秀樹のビッグマシンを自在に操るSTEP UP講座」です。
この本の中で Uターンの実用テクニックとしてスロットルをある程度開けたまま一定に保ち、リアブレーキで速度を調整する方法が載っています。これでUターン時のエンスト転倒を防止できます。それ以上のことは本を読んでみて下さい。


 

このページのトップへ戻る