めざせ!憧れの2輪ライダー

 Martianの大型二輪教習 卒業検定
卒業検定 卒業検定 3コース 目次  平成15年5月6日(火)   
  晴れてます。本日検定を受けるのは私とKさんの2人だけ。
Kさんとは第1段階の最後あたりで一緒に教習を受けたことがあります。
もうV−MAXを買っているそうです。
 検定申し込み後、会計で超過料金を支払います。あれ? 何故か6時間分でなく、
4時間分だけです。ラッキー! ちなみにKさんは2時間分だったそうです。
 2回ずつの練習走行と説明のあと、試験開始。まずはKさんから。
上手です。直線狭路も11秒以上かけて安定して通過しました。発着点に戻ってきて、
スタンドを掛けてハンドルを右いっぱいに切って終了。
 さあ、いよいよ私のターン(順番)ですよ。

 1 乗車、発進  2 障害物の側方通過   3 S字、スラローム、波状路、直線狭路

 4 急制動   5 クランク、踏切   6 坂道   7 停止、降車



目次へ戻る

1 乗車、発進
  
こんなところで減点になるのは御免ですから、十分にイメージトレーニングしておいたのでノープロブレム。


目次へ戻る
 障害物の側方通過
  
これだけで1時間オーバーして教習うけてますから、当然クリア。

目次へ戻る
 S字、スラローム、波状路、直線狭路
  
S字と波状路はノープロブレム。スラロームはスロットルの開閉が自分的には不満足。でも、課題はクリア。
  直線狭路は速すぎるの分かっていたけど、脱輪は中止なので、落ちない作戦でゴー! すなわち
  
「肉を切らせて、骨は断たせぬ!」
  実際、
8.8秒で通過してしまったそうです。減点10点(不足分1.2秒を切り上げ2秒で5点×2)


目次へ戻る

 急制動
  
左右後方確認して発進、2速、3速、T字交差点の安全確認、メーターをちらちら見ながら時速は35、40、もう少し、42、43、この速度維持して・・・制動開始地点の4m手前でスロットル全閉、パイロン通過、よし、制動開始、じわーっとブレーキレバー握り込んで、ブレーキペダルを軽く踏んで、2本目の停止線手前で・・・止まった! 

実はこれが一番心配だった

目次へ戻る
 クランク、踏切
  
ノープロブレム。

目次へ戻る
 坂道
  発進して頂上で2速へシフトするところ、なかなかギアが入らず、
  ニュートラルのまま降り始めてしまいました。坂道通過後、発着点まで戻るだけですが、
  安心したせいか、リアのブレーキに右足が乗ったままで、ブレーキランプが点灯していたそうです。
  

目次へ戻る
 停止、降車
  ノープロブレム。
 

結果は2人とも合格!!! やったー!
 

卒業式

 卒業証明書その他免許申請に必要な書類の入った袋をもらって、安全運転に関する注意を受けて(10分くらい)おしまい。袋の中にパンフレットみたいなものが・・・あらっ! 
北海道のロードマップです。かなり役に立ちそう!うれしいな♪。 

このページのトップへ戻る