めざせ!憧れの2輪ライダー

ぐうたライダーの写真日記 平成15年4月〜5月
フレームページへ めざせ!憧れの2輪ライダーへ


目次
平成15年5月17日〜18日 函館−支笏湖−札幌ツーリング
平成15年5月16日 雨対策は万全・・と思ったら
平成15年5月6日 やったぜ! 大型二輪
平成15年4月24日 白バイ隊出動
平成15年4月21日 第1段階終了!
平成15年4月16日 まだ第1段階です
平成15年4月12日 一発試験
平成15年4月4日 大型二輪教習だよ

平成15年5月17(土)〜18日(日) 函館−支笏湖−札幌ツーリング

クリックで拡大します 函館から札幌へ行くにはいくつかのコースがあります。長万部から国道5号線に沿って小樽周りで行くコース、長万部から国道230号線に沿って豊浦経由で定山渓中山峠を越えて行くコース(一般的)、国縫から道央自動車道に乗って室蘭、苫小牧、千歳経由で行くコース(楽だけど高速道路料金がかかる)、そして今回の伊達から国道453号線に沿って大滝村、美笛峠、支笏湖から道道16号線で千歳へ抜けて、そこから国道36号線で行くコースです。私はこのコースは初めてなのでワクワクです。札幌での目的地は大谷地にあるオートランド札幌と清田区の健康ランド里塚温泉です。地図をクリックすると大きな画像が表示されます。コースを黄色の線で示しました。


1日目 ツーリングの荷物を準備していなかったので用意に手間取ってしまい、出発が昼近くになりました。出発前にテントで泊まるか健康ランドに泊まるか迷っていました(旅館・ホテルは選択肢から除外されている貧乏Martianです)。荷物を減らすため健康ランドに決定。これでテント、シュラフ、コンロ、ランプ、マット、食器を置いていけます。よってサイドバッグは片方だけです。インターネットで札幌の里塚温泉を見つけました。クーポンを印刷して受付に出せば900円割引になるそうです。函館の郊外から隣町の七飯町藤城までは高速道路が無料供与中なので使います。今回はそれ以外の高速道路は一切使わないで所要時間を計算します。結果が下の表。ルートは違いますが高速道路をフルに使えば2時間は確実に短縮できるでしょう。でも通行料は4,050円かかります。8000円出してJR使えば3時間20分で行けるんです。割が合いませんでしょ? でも千歳−札幌の区間だけ高速道路を使用すると最も少ない費用で大きな時間短縮ができそうですよ。
 カメラ一式をタンクバッグに詰め、その他はJTCのサイドバッグにパッキングして準備完了、おっと、それからレーダー探知機を自動車から外してマジックテープでバイクに固定します。これはツーリングの必需品です。さぁ、出発だ!

長万部、壮瞥町、昭和新山
 長万部までは自動車の行列にまぎれて退屈な時間です。ここで給油。
長万部のGSは値段が函館よりもかなり安いのです。そしてドライブイン「かなや」で昼食、定番の「かにめし」(1,000円)。
長万部を過ぎると車の流れが速くなります。そして静狩峠と礼文華峠のワインディングを抜けて豊浦町。ここの苺は美味しいですよ。虻田町、洞爺駅前を越えて伊達火力発電所の煙突が右手に見えてくる頃、国道453号線への分岐点、これを左折して壮瞥町へ進みます。途中赤錆色の昭和新山が見えますが、この火山は昭和18年に突然、麦畑から噴煙が上がって盛り上がり、1〜2年でできたという珍しい山です。

フォーレスト276大滝

クリックで大きな画像 クリックで大きな画像
クリックで大きな画像 クリックで大きな画像

 田園地帯を走り、壮瞥町から蟠渓温泉、大滝村に入って北湯沢の大きなホテル・湯元名水亭を横目で見ながら午後3時50分、遂に来ました道の駅「フォーレスト276大滝」。1億円のトイレがあるという世界最大のログハウスです。入ってみると、奥からピアノの生演奏が聞こえてきます。行ってみると素敵なロビーに自動演奏ピアノが置いてあって、椅子に座ってゆったりと聴けるようになっているのですが、何故かそこはトイレの前!? そう、これが1億円のトイレです。とても綺麗で良い香りがします。ホント!
ログハウスの中は沢山の土産店で珍しいものが結構あります。渡り廊下でつながっている別のログハウスには大滝村の茸や肉を使った土産やファストフードがあります。かなり美味しそう。そして安いの! ここはしばらく見ていても飽きないですよ。バイクも沢山いました。ライダーのオアシスですね。

美笛峠、支笏湖、道道16号線
 ここが今回のツーリングで走るのが最も楽しかった部分です。美笛峠の深い渓谷は絶景です。紅葉の時期には特に綺麗でしょうね。多分混雑するのでしょう。支笏湖はこのラインから見ると恵庭岳をバックに美しいたたずまい。車を止める所がほとんどないので路上駐車の車が多いから要注意です。バイクはこんな場所では便利ですね。また、ここには苔の洞門入り口があります。私は行ってませんが、樽前山の溶岩が侵食されて出来た切り立った渓谷に苔がびっしりついている不思議な景観だそうです。平成14年は崩落の危険があるため立ち入り禁止だったので、入れるかどうかは分かりません。
 支笏湖の東端にあるモーラップキャンプ場を過ぎて2.5km程でぶつかるT字交差点を左へ進むとすぐにまたT字交差点で、これを右に進むと道道16号線。2つ目のT字路の反対側は支笏湖温泉へ通じ、支笏湖の北側のルートになっています。さて、16号線を一路、千歳へ向かうのですが、この道はカラマツ林の中をこれでもかと直線道路が続きます。
千歳、恵庭、そして札幌
 千歳からは国道36号線を北上します。このあたりから札幌市内は車両の交通量が多く、車線変更をする自動車に対する注意が必要です。前にいる車から自分が視認される位置をキープすることにします。千歳の次は恵庭ですが、市街を迂回するコースは右へ大きくそれて行きます。そして北広島の大曲、札幌市に入ると里塚、すぐに清田で右折して厚別区新札幌。北広島からはずーっと渋滞、特に清田から新札幌までは発進停止の繰り返しでクラッチを握る左手がだるくなりました。新札幌で国道12号線に入り、札幌駅側へしばらく行くと右側にオートランド札幌が見えてきました。ちなみに12号線に入ってすぐにレッドバロン新札幌があります。時計を見ると午後6時15分でした。
 オートランド札幌とレッドバロン新札幌でバイクとバイク用品をしばらく見て、午後7時頃に今日の宿、里塚温泉へ向かうのですが・・・・。
里塚温泉の
 来た道を戻り里塚を目指します。もうすっかり日が暮れて夕闇の中を走ります。里塚温泉のホームページには里塚霊園が目印と・・。あった、里塚霊園の看板。
でも里塚温泉の看板はありません。ずーっと行くといつしか家並みも途切れ真暗な一本道。左側には墓石が並びます。・・おかしい! 間違えたらしい。と引返し、
夜の札幌市内迷走ツアーへ突入してしまいました。あれ?大谷地だ、ん?福住! 南郷通り? しまいにはどこにいるのか見当もつかなくなりました。私は札幌に
6年間住んでいたのですが、全くの迷子です。やっとのことで美しが丘(里塚温泉の住所)まで戻ってきました。

クリックで大きな画像

クリックで大きな画像

赤味噌ラーメン美味 この先に里塚温泉が?

もう午後8時です。空腹です。ラーメン屋さんで食事して道を尋ねることにしました。店のおばさん親切で地図まで描いて教えてくれました。里塚霊園入り口を通りすぎて真暗な道を突き当たりまで行くとあるとのこと。勇気を振るって再度出発です。霊園の前を通り過ぎ真暗な中を進みます。この先に里塚温泉が待っている!
突き当りまで来ましたよ。でも
真暗です。建物はありますが、ヘッドライトで照らしてみると・・・・・なんと火葬場だよ!
いや、地図まで描いて教えてくれたんだ。左へ進めばあるかも? と更に進んで行くと、墓地の真っ只中。周りは全て
墓石です。しかも街灯は無くヘッドライトの照らす部分しか見えません。こんな時期に独りで肝試しをやる羽目になるとは思わなかったぜ! 昔聞いた、狐にだまされて一晩中オートバイで田圃のあぜ道を往復していたライダーの話を思い出しました。朝までやってられるか!もう里塚温泉探しはやめにして、知っているえにわの湯まで戻ることに決めました。夜の国道36号線を恵庭に向けて走ります。車の流れは速いですよ。高速道路みたいだ。
えにわの湯
 
午後9時、恵庭温泉到着。本日の走行距離は339kmでした。里塚温泉探しからここまで49km走りました。食事休憩入れて2時間経ってます。もう、ぐったり。ここは2,600円で泊まれます。休憩室で雑魚寝ですけど。浴衣とタオルを受付でもらってロッカーへ行くと、あら、幅が狭いよ。ヘルメットとサイドバッグは入りません。

クリックで大きな画像

クリックで大きな画像

この看板が目印 えにわの湯

受付で預かってもらいました。
温泉はきれいでヘアシャンプー、ボディーシャンプーはもちろん、歯ブラシ、髭剃りも、ヘアードライヤーもそろってます。泉質は塩泉(緑茶色)とモール泉(番茶色)の2種類で、塩泉は身体の痛み、モール泉は肌に良いそうです。モール泉はぬるぬるすべすべ系の肌触りです。風呂から上がったら、もう寝ます。おやすみなさい。




休憩を除いた正味の所要時間と距離を表に示します。

場所 距離 所要時間 コメント
函館(五稜郭) 午前11時25分出発
100km 1時間45分 函館から七飯藤城までは高速道路無料供与中
長万部ホクレンGS 給油 燃費は26.5km/リットル
60km 1時間 静狩峠を越える
伊達 国道453号線への分岐点 左折で壮瞥町、昭和新山とか書いてあったような
39km 45分 北湯沢の温泉街を抜ける
フォーレスト276大滝 大きなログハウスで1億円のトイレのある道の駅
53km 55分 美笛峠、支笏湖畔、そしてカラマツ林を抜ける直線道路
千歳 道央自動車道の高架下を通過
38km 1時間20分 渋滞 ここは高速道路使用した方がベターかも
オートランド札幌 午後6時15分到着 厚別にあるバイクとバイク用品のショップ
49km 1時間30分 途中ラーメン屋で夕食。休憩30分
えにわの湯
合計 339km 7時間15分 休憩入れると9時間35分

2日目 えにわの湯のチェックアウトは8時30分までですが、ひとあし早く7時30分に出発します。

支笏湖まで
 
天気は霧雨です。恵庭市内で給油しようと思ったら、まだGSが開いてません。ここから支笏湖方面はGSがなさそうなので、エコライディングに徹して、燃料計をにらみながらGSの看板を探して走ります。やっぱりない。道道16号線は無料高速道路の様相を呈しています。私は燃費を考えて時速80kmでゆっくり走ります。

クリックで大きな画像

霧雨に煙る支笏湖

16号線の終点で支笏湖北・南に分かれる分岐を過ぎると、あれ?見覚えのない景色だぞ。間違えて北側へ進んでいました。すぐに支笏湖温泉です。ところがラッキーなことにJOMOのGSがありました。助かった! 12.1リットル入って燃費は22.8km/リットルでした。札幌での渋滞が燃費を低下させたのでしょう。
 支笏湖の景色は北側の方が良く見えます。南側は林を通して見るのでちらちらだから。分岐まで戻って、燃費を気にせずに南側ルートを進みます。途中、何人ものライダーとすれ違いました。ピースサインをかわします。ド・ド・ド・ドというサウンド。忘れていたものを思い出しました。私が昔憧れていたバイクの音です。あの音は4気筒ではなく、2気筒かな? ビッグバイク選択の条件に加えておこう。



フォーレスト276大滝
で朝食
 
支笏湖畔と美笛峠は霧雨でしたが、美笛トンネルを抜けると一転、晴れています。午前9時ちょうど、フォーレスト276大滝に着きました。ここで朝食。営業は9時か

クリックで大きな画像

お土産の古代米

らだったのでジャストタイミングでした。茸天丼食べたかたんだけど、まだご飯ができてないんだって。しかたがないのでカマンベールチーズコロッケ。3個で390円。
茸汁は100円です。美味しい! ログハウスの前のテントでは地元で取れたての野菜を安く売っています。かなりの人でにぎわってます。ライダーも沢山。ここは家族連れで来ても楽しめますよ。お土産はナメタケの瓶詰めと古代米です。




洞爺湖1周コースへ

クリックで大きな画像 クリックで大きな画像 クリックで大きな画像

来夢人の家

仲洞爺キャンプ場

洞爺湖中島

クリックで大きな画像 クリックで大きな画像 クリックで大きな画像

水上飛行機給油中

滑走開始

まだ飛ばない

クリックで大きな画像 クリックで大きな画像

遂に離水

飛んでます

 10時10分に壮瞥町滝之町で伊達とは反対に右折し洞爺湖畔1周道路に入りました。洞爺湖を左回りします。10分で仲洞爺キャンプ場。来夢人の家があります。「きむんどのいえ」と読みます。キャンプ場のセンターハウスですが、お風呂もあって370円で入浴できます。ここで5分間のトイレタイム。更に9kmほど走ると湖畔キャンプ場があります。ここで水上飛行機を飛ばそうとしている人がいました。面白そうなので見物して10時40分から30分の休憩。水上を滑走して、ずーっと向こうまで行っても離水しません。そのうちあちらこちら曲がり始めました。なーんだ船だったのか! と思ったら飛びましたよ。あんな趣味があるなんてうらやましい限りです。さて、この先は細い道が曲がりくねっていて、見通しも悪く、センターラインを越えてくる車がいるので、通行注意です。旧洞爺協会病院付近で洞爺湖畔を離れます。もう、ほとんどお昼です。長万部で食べよう。










長万部かに市場で昼食
 12時45分に長万部かに市場到着。来るときに寄ったドライブインかなやよりも函館寄りです。北海天丼1,000円です。美味しかった。でもウエートレスは無愛想。
30分の休憩をとって出発。また霧雨が降り始めました。
YOU遊もり
 午後2時10分、森は晴れています。コーヒーを飲んで身体を温め、20分休憩。後は家路を急ぐだけ。午後3時40分に函館の自宅へ着きました。
今日の走行は295kmでした。今回のツーリング総走行距離は634kmでした。

休憩を除いた正味の所要時間と距離を表に示します。

場所 距離 所要時間 コメント
えにわの湯 午前7時30分出発。霧雨
36km

40分

燃料計の針がレッドゾーンに入ってきます。ハラハラ・・
道道16号線終点
支笏湖北側南側のルート分岐
間違えて行った支笏湖温泉で給油 燃費は22.8km/リットル
37km 35分 支笏湖畔と美笛峠は霧雨、美笛トンネル越えると晴れ
フォーレスト276大滝 ここで朝食。35分休憩
33km 35分 北湯沢と蟠渓の温泉街を抜ける
洞爺湖畔1周コースへの分岐点 壮瞥町滝之町
8km 10分
来夢人(キムンド)の家 仲洞爺キャンプ場
9km 15分
湖畔キャンプ場 水上飛行機見物。30分休憩
13km 45分
旧洞爺協会病院 ここから洞爺湖畔を離脱。噴火による迂回路を通って37号線へ
57km 50分
長万部かに市場 昼食。30分休憩
56km 55分 また霧雨
YOU遊もり 冷え切った身体を温めるため20分休憩
45km 1時間10分
函館(五稜郭) 帰宅
合計 295km 6時間5分 休憩入れると8時間10分
2日間の合計 634km 13時間20分 休憩入れると17時間45分


インデックスへ戻る

平成15
5月
16日 雨対策は万全・・と思ったら
 免許証には大自二の文字が入りましたが、いまだにBandit400に乗っている私です。さて、今日は函館からバイクで1時間位の距離にある知内町へ行ってきました。北島三郎の故郷です。天気は曇りで気温も低く、往路は冬用ジャケットでも身体が冷え切ってしまいまいたよ。一日の仕事を終えて、さて帰りはなんと雨降りでございます。でもレインウエアは常時携行しているしシューズは防水だから雨対策は万全だぜ! と一路函館を目指したわけで、心配していた寒さもレインウエアのおかげで全く感じることなく帰宅できました。バイクの泥を落としてから家に入り、ふとJTCのサイドバッグに目をやると・・・底部が砂だらけではないかーー! そうです。サイドバッグに附属の防水カバーをかけるのをすっかり忘れていたのでした。リアタイヤが跳ね上げた水を1時間かぶりつづけたかわいそうなサイドバッグなのでありました。
インデックスへ戻る

平成155月6日 やったぜ! 大型二輪
 
卒検終了。合格しました.うれしいよーーーーーーー!
インデックスへ戻る
平成15
年4月2
8日 コ、コ、コースが!
クリックすると大きな画像を表示 
第2段階に入って2つ目のコースを覚えました。ところが、前のコースを忘れてしまいました。第1段階完了コースと合わせて3つのコースが頭の中でまぜこぜになってます。次の教習で、「まず、前回のコースを練習してて。」なんて言われたら、もうパニックですよ。写真は自動車学校の二輪コーナー。ここで曲折路、連続進路転換、波状路、直線狭路や小転回をやります。
インデックスへ戻る
平成15年4月2
4日 白バイ隊出動
 
北海道警察函館方面本部の白バイ隊が4月26日からの出動に備えて走行訓練をしているニュースを見ました。内容は直線狭路(一本橋)や連続進路転換(スラローム)でしたよ。
インデックスへ戻る
平成15
年4月21日 第1段階終了!
 第1段階終了しました。既定では5時間で終了するはずが、なんと11時間かかりました。笑ってやってください。不思議なことに、普通二輪(中型)で第1段階のみきわめをもらったのも、ちょうど2年前の今日でした。
インデックスへ戻る
平成15年4月1
6日 まだ第1段階です
 まだ第1段階やってます。一本橋、S字、スラローム、波状路を練習中です。難しいですね。大型免許取得後は、軽くて扱いやすいだろうと言う理由で600ccのバイク(海外で人気)をターゲットにしていたのですが、教習を受けるうちに、考えが変わってきました。大型バイクは力で扱うのではなく、バランス操作で扱うのだと・・・従って、600ccでも技術が足りないと立ちゴケは防げないし(実際400ccでコケてる私)、体力や体格が劣っていても技術があれば1300ccや1400ccでも扱えるのだと思います。実際、ネット上には150cmの身長で大型バイクを乗りこなす人のホームページがあります。安全に楽しくビッグバイクを扱える技術をしっかりと身につけたいと思います。・・で、やっぱり600cc買ったりして・・・
インデックスへ戻る

平成15年4月12日 一発試験
 
大型二輪免許が教習所で取れるようになったのは比較的最近のことですが、その前は運転免許試験場で検定を受けて合格するしか方法がありませんでした。この検定に合格するのはかなりの難関だったそうです。今、教習所に通って実感しますが、そうして自力で取得した人達の不屈の精神力と運動能力には本当に敬意を表します。私だったら多分30回以上落ちて諦めてしまうでしょう。
インデックスへ戻る

平成15年4月4
日 大型二輪教習だよ
クリックすると大きな画像が見られます 
大型二輪取得のため昨日、自動車学校に入校しました。入校日にやったのは適性検査だけ。北海道は冬期間二輪教習は休みで
4月1日に教習開始でした。シーズン初めはかなり混むそうです。というわけで本日初日。教習車両はSUZUKI GSF750です。取りまわしで8の字押し歩き、後退、引き起こし、センタースタンド掛けをやりました。予想よりも軽かったです。続いて発進停止。普通二輪教習で初めてCB400に跨った時の印象よりも怖くありませんでした。その後どうなったかは、大型二輪教習日記を作成しますので、そちらでご覧下さい。卒業検定合格したらアップしますので、まーぁだ、しばらくかかります。


インデックスへ戻る