めざせ!憧れの2輪ライダー

ぐうたライダーの写真日記 平成14年9月分
フレームページへ めざせ!憧れの2輪ライダーへ


9月分日記目次
早朝ツーリング 〜城岱牧場へ写真撮影に

リアタイヤ交換 〜ダンロップGT501
燃費改善めざして更に新兵器導入 〜SuperZoil(スーパーゾイル)


平成14年9月16日 早朝ツーリング 〜城岱牧場へ写真撮影に
 
新タイヤの慣らし走行は一応昨日を持って終了。今朝は5時半に飛び起きて早朝ツーリング。実は昨日、城岱牧場から大沼方向の平野部に低い高度の雲海(霧海かな?)が見えていて綺麗だったので今日はカメラを持って出直しました。カメラはCANON EOS1000S。かなり古い一眼レフです。カメラもバイク(1996年車)も私(1956年人)も古いのだ。まだ、あまり車が走っていないうちに到着。ラッキー!今日も雲海がでてるよ。で、その写真だけど未だ現像してません。
デジカメ(KODAC DC280JZoom)で撮った写真だけアップします。
デジカメは先日壊れて修理に出しに行っところ、店頭で正常に作動。実は出かけるときに玄関でデジカメをバッグごと落としたのです。それで直ったらしい。これはロシア式の修理法だそうです。(疑問に思う人はブルースウィリス主演のアルマゲドンのビデオを借りて下さい。)

3Dペア(平行法)

城岱牧場から大沼を望む

城岱牧場から見た雲海

クリックするとステレオペアが表示 クリックすると大きな画像が表示 クリックすると大きな画像が表示

目次へ戻る

平成14年9月15日 
リアタイヤ交換 〜ダンロップGT501
 
スリップサインが出ていて、舗装路面のつなぎ目リアがぶれるようになってきたので、タイヤを新調しました。ダンロップGT501です。Bandit400のリアタイヤは150/60R17が標準です。一方GT501は150/70-17です。標準タイヤと違ってバイアスで、加えて扁平率が違います。タイヤの高さ(厚さ)は標準より15mm大きくなりました。おかげでシート高は74.5cmから76cmになります。これでHornetSと同じになります。足つき性はシートの幅も関係してくるので単純には比較できませんけどね。スピードメーターと走行距離はフロントにつながっているので問題ないですね。リアタイヤ径が3cm増えただけですが、見た目はヒップアップして大きくなった印象です。
 交換後、100Kmはタイヤ表面が削れるまで慣らし運転が必要です。というわけで、今朝はトンネルを通らずに峠越えで函館から大沼へ行く城岱牧場経由コースで行き、大沼湖畔を1周して戻ってきました。走行距離はほぼ100kmです。恐る恐る走ったとは言え、帰ってきてからタイヤを見ると両端が3.5cmずつ残っています。舗装路面のつなぎ目でリアがぶれることはなくなりました。 バンク操作自体は標準のブリジストンBT72Rよりも楽みたいな気がします。シート高は体感的にも1cm〜2cm高くなった感じがします。身長168cmの私でも今までは踵が着いていたのですが、少し浮く感じです。ほんの少し左へ腰をずらすと踵が着きます。でも、この感じは悪くないね。
 後日夜に峠を走って気が付いたのですがリアシートが高くなった分だけヘッドライトの光軸が下向きになってバイクの直前しか照らしません。街路灯のないところは恐ろしくて走れなくなっていました。そんなわけで光軸調整もやるはめになりました。

ダンロップGT501

クリックすると大きな画像が表示

目次へ戻る

平成14年9月3日 
燃費改善めざして更に新兵器導入 〜
SuperZoil(スーパーゾイル)登場
 
オイル添加剤SuperZoilSuperZoilのホームページへのリンクがはるばると南海部品浜松店から届きました。バイク用品の通販サイトBike.ne.jpで買ったのですよ。送料、税込みで約1万円の出費です。仮にリッターあたり1kmだけ燃料消費率が改善したと仮定すると元を取るのには・・・・
2,600km走行しなくてはなりません。私の場合オフシーズンを除いて5〜6ヶ月かかる計算になります。
♪〜だのにー何故、歯を食いしばり君は行くのか、そんなにしてまで〜♪

 使用法は簡単。オイルの中に容量で8〜10%加えるだけです。オイル交換時に少なめに入れてSuperZoilを加えて規定量にすれば良いのです。Bandit400のオイルは2300ml(エンジンに大きく刻印)です。早速、レッドバロンへ行ってオイル交換ついでに入れてみよう。・・・あれれ? 休みだよ。 あっそうか! もう9月だった。レッドバロンは本来火曜日が定休日で、7〜8月だけは火曜日も営業していたのです。
 仕方ない、自分で230mlだけオイルを抜いて入れるか。さて、どうやって抜きましょうか?
ドレンボルトを開けたら全部出てしまうし、ワッシャーも交換しないとならないし・・・・
そうだ! オイル注入口からサイフォンの原理で抜いてみよう。 ストローとビニールパイプを使って・・・うまく吸い出せない。サイドスタンドなので左に傾いていて、オイル注入口のある右側はオイルが少なくなっているのです。そこでスタンドの下に注意深く平石を挟んで車体を起こして再度挑戦。
今度はあっさりと出てきました。いよいよSuperZoilの登場です。無色透明で粘度の高い液体です。
出来たぞ! ではテストライディング開始。
 まずはアイドリング。5分ほどアイドリングしているうちにアイドリング回転数が1400から1600に上がりました。これは期待できるかも? まずは1400にスローを調整してから、発進!!!!!
駐車場を出てすぐの右折そして左折。おぉ! レスポンスは元々悪くないと思っていたのに、はっきりと判るほどに立ち上がりが良いのです。おかげでバランスが取りやすくなりました。それから、エンジン音が静かになって、シフトチェンジが軽くなりました。今まではニュートラルに入れるのに一苦労だったのが、あっさりと入ってしまいました。
 燃料消費率の変化は遠乗りで今まで最大23.4km/リットルだったのが25.4km/リットルになりました。3ヶ月で元が取れそうです。

SuperZoil

クリックすると大きな画像が表示

目次へ戻る

このページのトップへ戻る