めざせ!憧れの2輪ライダー

 普通自動二輪教習 第1段階

入校 適性検査 平成12年4月8日 

入校日です。日曜日なので入校式のみです。入校者は私を入れて3人だけ。2人は普通自動車で、2輪は私だけでした。視力検査(免許更新の時と同じ)やって、
写真撮って、テキストをもらいました。教習開始のベルで教室へ移動し、適性検査を行いました。記号を見分けるものや素早く斜線をいれる・三角を描く,引き算,性格検査のようなものがありました。結果は、まあ、そこそこね。

第1段階インデックス    
  
1時間目
2時間目 
3時間目
4時間目
5時間目
6時間目 
7時間目
8時間目
9時間目

1時間目 項目1〜5 平成12年4月10日 第1段階の項目へ戻る
 遂にやってきました。初めて触ったCB400SFは、やっぱ重かった(ガソリン空で168kg)。話に聞いていたとり回しで、バイクを起こしたりさせられるのかと思っていましたが、いきなり乗せてくれました。先生はK教官とN教官の2人で私の担当はK教官みたい。どちらも親切な先生です。よかった。

@まずはエンジンをかけて、コース横の側路の分離帯周囲を左回りです。

 発進は原付で慣れているのでスムーズに出来たのですが、走る方向を勘違いして止められ、
焦って立ちゴケしました。キルスイッチでエンジンを止めて引き起こし・・・やっぱ、引き起こしやる羽目になりました。お・も・い!!! 
直線は良いのですが左ターンがUターン並みの小半径なのでうまく曲がれません。視線を行く方向へ向けること,怖がらずリーンウィズ(バイクと一緒に傾くこと)することを指導されました。

Aコース外周を右回り
 
 直線を4〜5速で40km/時、コーナー手前でブレーキング,速度を落として3速にチェンジしてコーナリング。ブレーキは必ず直進中にかけること。コーナリング中のブレーキは御法度です(転倒につながる、とても危険なことだそうです)。
発進時は右・左,ウィンカを点けたら後方確認停止中の他の車両の側方は通過しないで後ろで止まること。私は右足の障害のためにフットブレーキに載せた足がブレーキに軽く触りがちでブレーキランプが点いてしまうので必要ない時は、つま先を外に向けてブレーキにかからないよう指導されました(これは例外的なことです)。気が付いたら50分経ってました。

2時間目 項目6〜8 平成12年4月10日 第1段階の項目へ戻る

@前の時間のAと同じでした。

Aコース外周を左回り,障害物の側方通過
 
左に回る以外は@と同じですが、途中に障害物(パイロン)があって、3秒前に右ウィンカ,右後方確認の後、進路変更。
障害物の少し手前で左ウィンカ、左後方確認の後ゆっくりとキープレフトへ。
2周ごとに発着点に戻り、左ウィンカ,左後方確認してローギアに入れて停止位置に前輪を合わせて停止。そして発進の繰り返し。
今日は、とても気分が爽快でしたよ。停止位置にピタリと止めるのが難しかったです。
本日の結果発表・・・・立ちゴケ1回,エンスト2回
次回は4月14日です。


3時間目 項目9,10 平成12年4月14 第1段階の項目へ戻る

@信号のある交差点での左折,一時停止,見通しの悪い交差点の通過,S字,連続進路転換(スラローム)
 
信号のある交差点通過時、青でも左右確認すること。一時停止はキッチリ止まり、左右確認。見通しの悪い交差点は安全確認と左方優先の原則。S字は2速又は3速で通過、交差部通過前にウィンカで合図。アイドリングで走る感じ。スラロームは前方を見ながらスロットルをリズミカルに使うこと。スキーのショートターンみたいだ。この感じ結構好き! 午前中にNS-1で練習しておいて良かった!

4時間目 項目12 平成12年4月14 第1段階の項目へ戻る

@前の時間の@に屈折コース(クランク)が追加
 
クランクは3速はきついので2速で。出たら右折なので途中で右ウィンカ。出るときは安全確認をしっかりと。クランクの途中で右ウィンカつけても左に曲がるとき戻っちゃう・・・・なんて考えたが、バイクのウィンカは勝手に戻らないのだった。大型には自動で戻るのがあるという話は聞いたことがあるけどね。

今日は、S字,クランクスラロームが入ってきて難易度がぐっとアップした感じです。S字に初めて入った時は脱輪寸前でブレーキングしてバランス崩したりしましたが、そのうちスムースに走ることが出来るようになりました。スラロームも同様でした。クランクは見た目は、きつそうですが意外と難なく通過できました。でも、出てからキープレフト忘れて、中央寄りを走ってあわてて戻そうとして立ちゴケしました。バイクを離した反動で私も後ろにひっくり返って後頭部を路面にガツン! ヘルメットって大切。顎のベルトをかけないでいて転倒時に外れて脳挫傷というケースもあるそうです。先生はとても優しかったですよ。右から起こすときは先にサイドスタンドを立てておくと良いそうです。コケた後はキャブレターの具合が変になって、エンストしまくり。今日のバイクは1速から2速へギアが入りにくくて脛の筋肉(前脛骨筋)がだるくなりました。
教習原簿の再教習に項目12が書き込んであった。・・・延長かも?

本日の結果発表・・・立ちゴケ1回(未遂1回・・・必死でこらえた!),エンスト4回
次回は4月17日です。


5時間目 項目12 平成12年4月17 第1段階の項目へ戻る

@
4時間目と同じ事を続ける
 
前回はクランク・S字での大きな失敗がなかったが(ふらついていたけど)、今日は何故かクランクで3回エンストし、狭いので発進が大変だった。その他、信号のない交差点で右から来る教習車を見落として発進し急ブレーキを踏ませてしまいました。
後で思い出しましたが、右から来る車に気づいていたのだけど、勘違いして左方優先と考えたのでした。本線への進入だから、こちらに優先権はないのだ! 公道だったら事故です。やっべーっぞ!! これでも普通免許持っていて15年間無事故だったんだから・・・??? んでもって、ギアが何速か判らなくなって3速で発進とかして・・・なんか変。
私は原付でも左折時にふくらむ癖があります。もっと十分に減速してから、バンクを強くしないで、ハンドルで曲がる意識を・・・と指導されました。

6時間目 項目12,13 平成12年4月17 第1段階の項目へ戻る

@
時間目と同じ事を続ける
 
何回もやっていたら次第に失敗しなくなってきた。特にスラロームはスピードを上げて短時間で通過できるようになった。スキーでもショートターンは得意でしたから・・・
5番の教習車は初めて乗ったんだけど、2速、3速で回転を下げるとエンジン音が変に動揺しストールしやすかった。今まで乗った車は3速・アイドリングで楽勝に低速走行出来るのに。そういえば、今日の車は右バンパーにセンターラインの黄色い塗料がべったりとくっついていたし、右バックミラーは、めいっぱい外に向けても自分の腕が大幅に映る位に曲がっていたし、多分大転倒があって、そのためのキャブ不調があったのかも・・・・なんて車のせいにしたりして。と言うわけで、今日はとても疲れました。反省点として、どういう訳か今日はニーグリップをすっかり忘れていました。膝とタンクの間に1万円札を挟むとよいかも?



本日の結果発表・・・立ちゴケ0回(未遂3回・・・負けるもんか!と踏ん張った)
,エンスト8回
次回は4月20日で、急制動と一本橋だそうです。何故か後回しの項目11ですね。


7時間目 項目11,14,15 平成12年4月20日 第1段階の項目へ戻る

@
坂道での停止と発進、急制動、直線狭路(一本橋)
 
坂道での停止と発進はローで、発進後、頂上で2速にして、そのまま降りる。急制動のコースへは3速で入り、制動開始地点までに時速40kmまで加速、開始地点からフロントとリアをかけて2本目のラインまでに停止。ちなみに1本目は小型限定、3本目は雨の日のライン。リアは軽くかけないとスリップして転ぶそうです。クラッチは停止直前まで切らないこと。シフトダウンも不要。停止してからきちんとローに入れて後方確認、直線狭路開始の停止線まで進む。一時停止して右ウィンカ(直線狭路の後は右の本線に進入するから)。ローのままで前輪を乗せて、あとは出口に目線を合わせてハンドルとフットブレーキで調整。抜けたらまっすぐのまま安全確認して本線へ進入。

8時間目 項目11 平成12年4月20日 第1段階の項目へ戻る

@
前の時間と同じ

 今日も5番の教習車、前回よりも低速トルクはあった。でも急制動のあと少しの間、エンストしやすくなった。

急制動は割と簡単に止まるようです
。やはり、本日のメインエベントは直線狭路ですね。
初めは身体を左右に動かしてバランスをとろうとして落ちてばかりいたが、先生から
ハンドルで調整するように言われて、やってみたら、出来るようになってきた。狭路に乗ったばかりの時が一番不安定で、ひとたび安定すると殆ど落ちません。発進でのふらつきを無くすると良いみたい。鍵を握るのは停止線で止まるとき、いかに狭路の入り口に合わせておくかです。先生は、乗るまでのところはもう少しスピードあった方が安定する、と教えてくれました。今日は原付(NS-1)で公道を走っていても
車線変更する気がなくてもしてしまう位の強風でした。一度は直線狭路で横風に押されて落ちました。検定の日は風があったりしたらイヤだな。


本日の結果発表・・・立ちゴケ0回(未遂0回・・・画期的事件である)
,エンスト7回
次回は4月21日で、第1段階みきわめ。うまくいけば第2段階に入れます。

9時間目 項目16(第1段階みきわめ) 平成12年4月21日 第1段階の項目へ戻る
@第1段階でやった事を全て含むコース
 今日も5番の教習車で、N先生が運転してタンデムでコースを回る。私を後ろに乗せて、坂道、急制動、直線狭路、曲折コース、S字コース、連続進路転換を楽々とやって見せてくれました。先生ってスゴイ! 次から私が1人でやってみるが、やはり難関は直線狭路。乗り始めでバランスを崩すと落ちてしまいます。3回目で原因が忽然とひらめきました・・・・・一時停止してからの発進時にバイクをやや左に傾けたままスタートするので、必然的に軽く左へステアリングしてしまうのです。コツは発進時に極限までバイクをまっすぐ立てておくこと!!! そうしたら失敗しなくなりました。その他、気を付けていることは直線狭路や曲折コースでは背筋を伸ばしてやや前に体重をかけること。前ブレーキのレバーから指を離してグリップをしっかり握って、ニーグリップ。これはロデオの感じ。って、やったことないけどネハンドル操作は、人混みの中を自転車でゆっくりと、ふらふら通り抜けるときの感じ。
 
わたしが第1段階のみきわめをうけている間に、第2段階の3回目の人が先生について普通車のクランクやS字コースをすごいハイスピードで走り抜けていました。えっ! あんなのやるの?

本日の結果発表・・・立ちゴケ0回(未遂0回・・),エンスト0回(クラッチの使い方に気を使った) みきわめも合格! やったー! 次は第2段階です。

このページのトップへ戻る

第2段階へ