鹿部 八雲 厚沢部 半日ツーリ ング 平成25年(2013) 6月 9日(日)

フレームページ へ


 
土日でキャンプツーの予定でしたが息子の誕生会やら娘の引っ越し準備やらで半日ツーリングに変更。久しぶりに鹿部、森、八雲、厚沢部と走ってきました。
ポータブルナビNV-U77Vを自動車用クレードルの粘着吸盤でタンク上に固定して使用するテストとナビおよびデイトナのMOTO GPS レーダーのバッテリー駆動時間テストを兼ねています。
結論から言うとナビの吸盤での固定はバイクでは危険です。途中でクレードル固定用レバーが解放になっていました。粘着力だけでくっついていたようです。ショックで外れて落ちる恐れがありました。落さなくて良かったけどね。次の作戦は既に考えております。それはまた後日。バッテリーテストは最後に書いておきました。
下がコースマップです。

 
より大きな地図で 鹿部 八雲 厚沢部 半日ツーリング を表示
 

クリックで拡大 クリックで拡大
城岱牧場展望休憩所
から
きじひき山を望む
まだGoogleマップにも
載ってない道路

 8:10、函館を出発。函館新道を進み、七飯本町ICで降りて向かうは城岱スカイライン。青空の下、ワィンディングを走るのはとても気持ちが良いですね。
8:40〜8:45、城岱牧場展望休憩所で休憩。入口に口蹄疫予防の消石灰がまいてありますが半端ない量です。タイヤが真っ白だよ。スリップが心配だなぁ!
下に見える砂利びきの展望台にはマスツーリングの一行が集まってきました。大野平野を挟んで向かい側の木地挽山(きじひきやま)にはまだ雪が少し残っています。
 城岱スカイラインを降りると大沼。道道43号大沼公園鹿部線の少し上側には平行にミルクロードという道路があります。名前の通り牧場の間を走ります。

 T字路にぶつかると右は函館七飯スノーパーク、左は道道43号です。左を選んで鹿部へ直行。
鹿部空港のあたりまで来ると、平成25年3月に開通した鹿部道路があります。ドライブレコーダーのPCアプリに表示されるGoogleマップにも現時点では載っていませんが、この道は国道278号鹿部国道の山側を森町に向かって進みます。かなり快適で右側には噴火湾、左側には駒ヶ岳を望む展望ルートです。

クリックで拡大 クリックで拡大
クリックで拡大 ハマナス台場公園
左上は砲台跡
右上は駒ヶ岳
左は噴火湾を挟んで
羊蹄山が見える

 9:20〜9:35、旧砂原町(現在は森町)のハマナス台場公園で休憩。ここは五稜郭を占拠した旧幕府軍の榎本武揚が噴火湾の防衛拠点として砲台を置いた場所だそうです。湾を挟んで向かい側には羊蹄山がかすかに見えていました。そういえば旧幕府軍の北海道上陸地点は森町でした。

 森ICから道央自動車道落部ICまで。落部ICから国道5号を少し戻ると道道67号入口、ここから厚沢部町へ向かいます。
 厚沢部町側は曇っていて寒いよ。鶉ダムへ抜けて国道227号で北斗市へ、峠を越えると晴れていました。ルートマップが北斗市で終わっているのはバッテリー切れ。ナビのバッテリーは輝度最大、Bluetoothオフで3時間というところでしょうか。シガーソケットから給電なしには使えないですね。デイトナのMOTO GPS レーダーはBluetoothオンで使い、3時間半経過後バッテリーチェックを行ったら60%、これなら給電なしでも1日は楽勝です。
 11:30、函館到着。

 
今日の走行距離は181kmでした。フレームページ へ


 これがムービー