ツーレポ目次へ

ETCテストツーリ ング 平成24年(2012) 6月 24(日)

クリックで外部リンク ツーリングマップを表示
ツーリングルート

 ETCテストのためのツーリングです。道央自動車道森ICから虻田洞爺湖ICまで走り、ルスツ、真狩、ニセコ、倶知安、黒松内と周って長万部ICから再び道央自動車道で帰ります。今年の北海道は暖かくなるのが遅くてやっとツーリングシーズンが始まった感じです。

 



 函館からホテルニセコアルペンまで

クリックで拡大
レーダー・ナビ
ドライブレコーダー
ETCを装備

 6:55、早めの出発です。函館の天気は晴れ。レーダー、ナビ、ドライブレコーダー、ETCを設置するとメーター周りは物だらけ、特にETCの前にドライブレコーダーがあるのが気になります。電波が遮蔽されたらバーが開かないかもという一抹の不安を抱いての出発になりました。
 出発から約50分でやっと道央自動車道森IC到着。函館からは七飯町峠下と北斗市茂辺地の2方向に自動車専用道路はあるけど無料なんです。ここが最寄りの有料IC。
 さてETCはどうだったかというと心配をよそにアッサリとゲートが開きました。ゲートを抜けてからは隣のレーンを出てきた車に注意して合流。本線は空いてました。


ドライブレコーダーの動画がこれ↓


クリックで拡大
豊浦噴火湾PA
の展望塔から

 8:55、豊浦噴火湾PAで休憩。途中は曇りで風が冷たく体が冷えて思うように動けなくなっていました。ここは天気が良かったので日ごろの運動不足解消に少し歩いてみることにしました。高速道路の下をくぐる道を行きます。広いけど暗くて不気味。抜けると階段があって反対車線側のPAにも通じています。遊歩道があり登っていくと木製の噴火湾展望塔がありました。周囲の樹木が高くなったせいか見晴らしはイマイチです。ここから下に降りて国道を横切ると豊浦噴火湾展望公園入口があります。そちらには立派な展望台があるようです。でも結構登らないといけないので却下。運動不足解消の目的はどこへやら、軟弱な私であります。結局ここで50分ほどの休憩になりました。体もすっかり温まったので9:45、出発。

 5分ほど走ると虻田洞爺湖IC、ここで降りて国道230を横切り道道528号へ、いずれ合流するんですけど、こっちの道はワィンディグロードです。さてそこからルスツへ向かいます。30分でルスツ、ホクレンのGSがある交差点を左折すると道道66号、ニセコへ続いている有名なニセコパノラマラインです。

 なだらかな丘陵と田園風景の中を走るとやがて真狩<マッカリ>。街中の交差点を右折すると正面に雄大な羊蹄山がどんどん迫ってきます。T字路に突き当たって左折してニセコへ向かいます。ニセコで食事してみたい店があったんだけど名前が思い出せません。しかたがないので倶知安にあるおなじみの店に向かうことにしました。

 道の駅ニセコビュープラザで右折して倶知安へ。
 11:05、回転寿司羊蹄丸到着。開店直後でした。朝食はいい加減に済ませたので空腹なんだ。

 11:35、ニセコヒラフエリアに向けて出発。冬には車でスキーに来た所です。バイクのツーリングライダーが本当に沢山走ってましたよ。
 グラン・ヒラフ入口を過ぎて進むと草原が広がる風景。思い出しました。行きたかった店の名はPRATIVOニセコミルク工房に新しくできたレストランです。右手に見えてました。今度また来ますね。
 ニセコパノラマラインを少しだけ登って左折、道道207号で昆布へ向かいます。山の中なのになぜ昆布? 昆布から国道5号で南下。

クリックで拡大
トワ・ヴェール・ドゥー

  12:25、道の駅くろまつない到着。ここでコーヒータイム。石窯ピザと焼きたてパンが美味しいトワ・ヴェール・ドゥーが入ってます。
ここにもバイクが沢山来ていました。
13:00、出発。20分で道央自動車道長万部IC。バイクにETCは本当に便利ですね。
途中、NEXCOの保安車がサイレンを鳴らして走っていました。道路上に落下物があるとのこと。
14:05、終点の森IC。あれ?落下物って何?

15:00、函館の自宅到着。本日の走行距離は411kmでした。