秋のニセコツーリング 平成19年9月24日(月)
ぐうたライダーの写真日記へ戻る

クリックすると大きな画像を表示

赤のラインを往復

 地図は左の絵をクリックしてください。赤のライン往復が本日の行程です。天気は良かったのですが秋風が吹いて肌寒い一日でした。今日の目玉はニセコの有島記念館と長万部の二股らじうむ温泉だけ。一番遠い地点が倶知安のガソリンスタンドで、そこから引き返してるのでコースだけを見ると倶知安までガソリン入れに行ったみたいです(笑)。

函館から倶知安へ

 朝、6:30、出発、快晴です。風は少し冷たいな。連休のせいか早い時間の割に車が多いです。
 7:45、八雲町のツルハドラッグ駐車場で10分間の休憩、寒いんです。グローブをメッシュからゴアテックスタイプに変更(雨は降ってないよ)。既に76km走ってます。
 8:25、ドライブインかなや到着。20分の休憩。ヤマハZealでツーリングの人に会いました。ラジエターカバーがタンク下まで伸びているのが特徴。
 9:10、道の駅くろまつない到着。10分の休憩
。函館から135kmの地点です。入ると自動的にフタが開くシャワートイレがあります。
 10:10、ニセコを通り過ぎて倶知安市街に到着、ここでガソリン補給。函館から189km。ホクレンのGSはニセコにもあるけど、こっちの方が従業員の感じが良いです。ここから引き返して向かうはニセコにある有島記念館。


有島記念館

クリックすると大きな画像を表示 クリックすると大きな画像を表示 クリックすると大きな画像を表示
マッカリヌプリ(羊蹄山)
と羊舎
記念館の塔 記念館前の
ラベンダー
クリックすると大きな画像を表示 クリックすると大きな画像を表示 クリックすると大きな画像を表示
カインの末裔
文学碑
文学碑の碑文 旧有島亭
(札幌芸術の森)

  10:25、有島記念館到着。東京出身の近代日本文学者、有島武郎は父から受け継いだこの地の農場を小作人に無償で解放して当時の新聞をにぎわせました。「カインの末裔」はここニセコの町を舞台にしています。有島武郎はこの場所が好きでここで文筆活動をしていた時もあったようです。美しくて静かな場所・・・この景色を見ると有島の気持ちが分かるような気がします。旧有島亭の写真は今年の春に札幌芸術の森で撮影したもので、大正2年に有島が結婚を機に札幌の北12条西3丁目に建てた家を移設復元したものです。中には伝声管(普通は船についてる)が装備されてました。伝声管と言えばジブリの「天空の城ラピュタ」で海賊船に乗ったシータが、「これですね!」と言ったやつね
紅葉は羊蹄山の頂上付近のみすこしだけでした。
ここでのんびりと35分過ごしてから長万部まで戻ります。進路は
二股らじうむ温泉


長万部町 二股らじうむ温泉
 ニセコを出発して国道5号を南下、昼近くになってお腹が空いてきました。
 11:45、
道の駅くろまつない到着。早めの昼食、メニューはホットドッグとコーヒー、金609円也。焼きたてのパンを買う人が長い行列を作ってました。トワヴェールIIの焼きたてパンは非常に評判が良いのです。私は並ばないでレストランで食べたけどね。休憩は30分。
 12:35、
二股らじうむ温泉に到着。国道5号から二股らじうむ温泉へはニセコから長万部へ向かって看板のあるところから右折で10分。途中は車一台通るのがやっとの細い道を通ります。舗装はされてるけど。
 さて二股らじうむ温泉、建物は普通のアパート風なホテル。以前はドーム型の建物が話題だったんですが経営者が変わって建て替えられました。観光バスが来ています。温泉に入るのではなく温泉の隣にある巨大な石灰華ドームを見に来ています。ここ以外では米国のイエローストーン国立公園にしかない貴重なものだそうです。
 入湯料は1,000円、スーパー銭湯なみの料金ですがタオルもムームーもつきません。おまけにロッカーは鍵が付いておらず、洗い場はなくて石鹸、シャンプー使用禁ですと。浴室もきれいに整頓されているとは言いがたく、雑然とものが置かれています。すなわちここは湯治専門なんだな。なんと深さ1.2mの浴槽や歩行用プールもあります。露天風呂からは石灰華が棚田のようになった石灰華ドームを目前に見ることが出来ます。さっきの観光バスのお客が石灰華ドームを見物にぞろぞろと急斜面を降りてきました。
・・・・露天風呂から石灰華ドームが見えるわけだから・・・・
露天風呂も見えるわけで・・・・
「何見てんのよー!」と叫びはしなかったけどね。
 病気が良くなった人からの礼状が廊下に貼られていました。特に椎間板ヘルニアには著効があると書かれていたような気がします。体の具合が悪いときに来ないと評価できません。だから是とも否とも書きませんが、体を洗いたい人には勧められないことだけは確かなようです。休憩室はあるけど小さいです。入浴と休憩で50分消費。
13:25、さて帰ろうか。あっという間に・・・じゃなくて、16:50、函館の自宅に無事帰りましたとさ。どんど晴れ(めでたしめでたしの意)。

本日の走行距離は416kmでした。


行 程 

場所 距離 コメント
函館の自宅    
  106km  正味1時間45分
長万部町ドライブインかなや    
  29km 25分
道の駅くろまつない    
  54km 50分
倶知安市街ホクレンGS    
  12km 10分
ニセコ町有島記念館    
  70km 正味1時間5分
長万部町二股らじうむ温泉    
  146km 正味2時間50分
函館の自宅    
合計 416km  正味7時間5分