2006年 紅葉ラストツーリング 平成18年10月29日(日)
ぐうたライダーの写真日記へ戻る

クリックすると大きな画像を表示

今回の行程

 地図は左の絵をクリックしてください。青のラインが本日の行程です。函館市から北斗市(旧大野町)きじひき高原、厚沢部町共和、八雲町落部、そして大沼公園へ。

 
北斗市(旧大野町)のきじひき高原 まで

クリックすると大きな画像を表示

クリックすると大きな画像を表示

パノラマ展望台

観音像と石地蔵が

 晴れているけれど風の強い今日、風邪気味でもあるのに今年最後のツーリングになりそうなので、9:05、函館の自宅から強行出発。まず向かった先は北斗市(旧大野町)にあるきじひき高原」です。きじひき高原の入口は国道227号北斗市側にあります。実はここから入ると牧場を抜けて再び国道227号にもどってきます。出口は入口から厚沢部町側へ5kmほどの地点です。今回は出口(厚沢部町側)から進入しました。気持ちの良いワィンディングをぐんぐん登って、やがて広大な牧場へ。上の方は既に紅葉が終わっています。何故か牛や馬が道路寄りに集まっていて、すぐ近くから見ることが出来ました。仔牛が可愛いな。
 9:55、パノラマ展望台に到着。強風でかなりの寒さです。写真を2枚だけ撮って10分で退却。展望台には観音像と石地蔵が・・・・


北斗市(旧大野町)の八郎沼 まで

クリックすると大きな画像を表示

クリックすると大きな画像を表示

噴水もあり

1周は10分くらい

 きじひき高原を降りてくると国道に合流するすぐ手前左側から大きな橋が伸びています。この橋を渡ると八郎沼。
10:20、到着。綺麗に紅葉しており家族連れで賑っていました。のんびり歩いて1周10分、写真を何枚か撮ったので2枚だけアップしましょう。


厚沢部町共和から上ノ湯温泉郷・パシフィックホテル清龍園そして八雲町落部へ

クリックすると大きな画像を表示

クリックすると大きな画像を表示

クリックすると大きな画像を表示

厚沢部町
相生から共和

厚沢部町清水で
道道67号へ

パーキングにて

クリックすると大きな画像を表示

クリックすると大きな画像を表示

 

もうすぐ上ノ湯

パシフィックホテル
清龍園

 

 10:45、八郎沼を出発、国道227号を厚沢部(あっさぶ)町へ向かいます。次第に山深い道になって中山峠に入ります。この峠は結構パトカーが出没につき要注意ね。やや長めのトンネルを抜けた後で鶉(うずら)ダムを左手に見ながら短いトンネルを2つぬけてすぐ右側に斜めに登る脇道があって、そこを行くと厚沢部町相生、共和地区。紅葉と正面に大きな乙部岳を見て進み、厚沢部町清水で道道67号にぶつかります。左は厚沢部町市街地、右は八雲町落部へ。今回は右へ、目指すは上ノ湯温泉。今年はまあまあの紅葉ですよ。
 11:50、上の湯温泉 パシフィックホテル 清龍園に到着。ここも家族連れで賑っていました。ライダーは私一人。さて入浴道具を持っていきましょう。こんなときにハードケースは便利です。タンクバッグとジャケットはハードケースに、ヘルメットはワイヤーでメットホルダーに固定。清龍園の外来入浴は500円、浴室には石鹸、脱衣所には無料ロッカーとドライヤーがあります。ここの源泉はかなりの高温で、それを熱交換器で丁度良い温度に変えてかけ流しにしているとのこと。最近話題のブラックシリカをつかった浴槽も新設。露天風呂は広々として開放感があります。そこからの紅葉もなかなかのもので、この時期は特にお勧めかも。
 入浴後は休憩所で昼食、人気メニューなのかあんかけ焼きそばを食べている人が多かったですよ。ゆっくり休んで13:25に出発。

秋の大沼国定公園

クリックすると大きな画像を表示

クリックすると大きな画像を表示

クリックすると大きな画像を表示

大沼国定公園

リバージュの近く

かえで

クリックすると大きな画像を表示

クリックすると大きな画像を表示

クリックすると大きな画像を表示

もみじ

苔むす石と落葉

陽光に透ける

 八雲町落部で国道5号に合流、右折で大沼国定公園へ。今年の11月には、このあたりに高速道路の新しいICが出来ているはずです。ここから大沼国定公園までが交通のボトルネックなんだけどね。
 14:15、大沼湖畔のJR線路沿いにあるレストラン・リバージュ前到着。ここから歩いて島巡り。観光客でいっぱいです。去年よりはきれいな発色かな。
下記は大沼国定公園の散策路を紹介しているページへのリンクです。
大沼国定公園ガイド まるごと大沼へのリンク
 40分間の散策を終えて14:55、帰路につきました。めでたし、めでたし。