2006年 積丹うに丼ツーリング 平成17年6月24日(土)〜26日(日)
ぐうたらライダーの写真日記へ戻る



1日目 (H18年6月24日 土曜日) 函館 から 岩内町オートキャンプ場マリンビュー まで

クリックすると大きな画像を表示

1日目は青のライン

 地図は左の絵をクリックしてください。青のラインが本日の行程です。


乙部町元和台まで
 朝の8:35、函館の自宅を出発。天気は曇り、心地よい気温、予報では晴れると・・・・。かなり遠回りだけど交通量の極めて少ない裏道(クリックでマップ)を通って乙部町鳥山で国道229に。裏道のほぼ全行程をノンストップの独走状態で快適そのものでした。国道を走ること5分ほど、10:15に道の駅ルート229元和台、うっすらと雲間から日が差していてハマナスが咲いていました。函館から100km、裏道を走らなければ80kmくらいの距離ですが、交通量の違いから所要時間は同じくらいです。バイクを止めると自転車に荷物を積んでツーリング中の60代半ばくらいに見える男性が走ってきました。声をかけてみると東京から来ているとのこと。既に知床も回って今日は東大沼キャンプ場へ向かうそうです。驚くべきお達者ぶりです。どうぞお元気で。話し込んでしまったので20分間の休憩でした。

せたな三本杉海水浴場まで
 元和台を出10分ほど走るとながーい豊浜トンネルを抜けて八雲町熊石地区へ。町境の長いトンネルを抜けると霧雨だった。霧雨はやがて雨に・・・もう駄目! バイクを止めてレインジャケットを取り出しました。天気予報では晴れだったのに!
雨はやがて止みましたが寒いのでレインジャケットを着たまま走り続けること約1時間、風の谷のナウシカに出てくる巨神兵のような風力発電の羽根が幾重にもゆっくりと回転している姿が印象的なせたな町へ。

クリックすると大きな画像を表示

クリックすると大きな画像を表示

三本杉海水浴場

左のわっかけで
生うに丼

クリックすると大きな画像を表示

 

三本杉岩

 

 山頂に円筒形の建物(展望台)が見える立象山の岩肌を右手に見上げて短いトンネルを抜けるとすぐ左に三本杉海水浴場の駐車場、到着は11:40。乙部町元和台から68kmでした。2軒のドライブインがあります。まださむーい海水浴場にはウィンドサーフィンを練習している人の姿がありました。さあ、ここで早くも生うに丼を食べるのであります。金1,980円也。少しだけ食べたい人向けに小うに丼もありました。そっちは1,200円。せたな町も檜山地区では有名なウニの産地です。今までここに来て食べたことがなかったことを悔やむほど美味しかったです。ほとんどムラサキウニでしたがほんの少し赤いバフンウニも入ってました。名前は下品ですが高級品なんですよ。食事と休憩で45分、12:25出発。

そして岩内へ

クリックすると大きな画像を表示

クリックすると大きな画像を表示

雷電トンネルの上

たら丸市場

 せたな町から岩内町までは島牧村、寿都町と海岸沿いに奇岩が並ぶ不思議な景観。交通量は少なくて快適です。岩内町の入り口あたりにある雷電トンネル、ながいトンネルなんですが、入り口手前から上を見ると見事な崖で頂上は雲の中でした。
町境の長いトンネルを・・・しつこいっちゅーの!
 岩内町に入ってすぐのホクレンGSで給油。ここまでの燃費は21.6km/L。
14:15、岩内町たら丸市場に到着。岩内町は国道66号パノラマラインでニセコ町と結ばれているせいかライダーが大挙してやって来ます。岩内町の特産物は何と言ってもたら子です。当初はここでたら子丼を食べるつもりでした。たら子丼は次回ね。そして本日の最終目的地はオートキャンプ場マリンビューです。

オートキャンプ場マリンビュー
 道の駅いわないから少し寿都側へ戻って海と反対の方向へ向かうと正面の山にコテージが並んで見えます、これがマリンビュー。たら丸市場から約8kmです。案内標識がしっかりついているので迷うことはないと思います。逆に帰りの道がわかるように覚えておきましょう。

クリックすると大きな画像を表示

クリックすると大きな画像を表示

センターハウス

子供の遊び場
眼下に岩内港

クリックすると大きな画像を表示

クリックすると大きな画像を表示

グリーンパークいわない

フリーサイト

 14:30、マリンビューのセンターハウスに到着。函館から288kmでした。センターハウスで受付、入場料1,000円+フリーサイト料1,000円の計2,000円、分別ごみの袋を束でくれます。色分けされていますが何色が何のごみ用か覚えるのが大変。連泊の場合でも入場料は1,000円だけだそうです。センターハウスには無料のシャワー室と有料のコインランドリー、売店、自販機、トイレがあります。キャンプ場のすぐ下に温泉が5軒もあります。
 サイトの入り口にはカーゲートがあって入るときにはカードを入れて、出るときには近づくと自動で開きます。但し、入るときはカードを入れてバーが上がったら、バイクだと閉まるタイミングが早いので素早く通過しなくてはなりません。更に出るときはバイクをゲートの正面中央に入れないと開かないことがあるようです。
 ゲートを抜けて坂道を降りていくとT字路にぶつかって右は下側、左は上側のサイトにつながっています。フリーサイトは左の上側。見晴らしの良いところですよ。フリーサイト用の駐車場は5台ずつ2箇所の計10台分だけ。サイトのすぐ横なのでオートサイトと大差ありません。ちなみにオートサイトは電源つきが3,000円、電源なしが2,500円です。もちろん入場料も取られます。私の個人的意見ではフリーサイトは500円位にして欲しいな。
 テント設営が済んだら風呂道具だけ積んで下の温泉へ、私が行ったのは国民年金健康保養センターグリーンパークいわない。バイクで5分ほどの距離です。入湯料は500円、脱衣所の入り口前にロッカーがあります。100円ですが使用後は戻ります。脱衣所には無料のヘアドライヤー、浴室にはボディシャンプー、シャンプーが設置されています。温泉は高温と中温にジェットバス、露天風呂があって、温度は高くはないです。泉質は色も香りも味も昆布茶そっくり。いい湯でありましたよ。
 キャンプ場の利用者でライダーは私だけ。フリーサイトも家族連れで夜には周囲すべてがバーベキュー。私一人がコッヘルでご飯を炊いてインスタントラーメンと缶詰という赤貧メニュー。これはワビシイでっせー! でもこの日は焼肉が焼ける頃に雨になりました。夕焼けと夜景が売りとのことで来たんですけど殆ど見えませんでした。これなら倶知安の旭ヶ丘キャンプ場(無料)にすれば良かった。
 本日の走行距離は温泉往復も入れて293kmでした。

行 程 表 1 日 目

場所 距離 コメント
函館の自宅    
  100km  1時間40分 裏道で遠回り 国道226・229号だと80km程度
道の駅ルート229元和台    20分休憩
  68km  1時間5分 国道229
せたな町三本杉海水浴場    45昼食と休憩
  113km  1時間50分
岩内町たら丸市場    5分休憩
  8km  10分
オートキャンプ場マリンビュー    
合計 288km  温泉への往復入れて293km  

2日目へ