大沼と八雲町上の湯ツーリング平成17年11月3日(木)
平成17年11月3日(木)文化の日
函館・大沼・落部・厚沢部・大野
ぐうたらライダーの写真日記へ戻る

クリックすると大きな画像を表示
 のんびり、ゆったりの日帰りショートツーリングです。コースを紫色で表示しました。左の地図をクリックすると拡大表示されます。
 
大 沼 国 定 公 園
 今年最後のツーリング。雨上がりの青空が出ていて気温も本日は高めのコンディションです

クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大

リバージュの近く

大沼公園

一番綺麗なの
これ

 8:00、函館市五稜郭町の自宅を出発。無料供与中の高速道路があるけど、急がないので赤松並木の国道5号を北上、久しぶりに通る道です。
 8:40、大沼国定公園に到着。函館から29km。大沼広場の駐車場は有料(昔は無料だった)なので大沼公園駅前からJR線路に沿って右へ進むこと3分、右側に公衆トイレと、その奥に
軽食・喫茶のリバージュというお店があります。店の駐車場ではなく、その周辺にバイクを留めます。紅葉していますが時期が遅かったせいか鮮やかさはイマイチでした。写真撮影を終えて、9:45、大沼湖畔の東大沼キャンプ場へ。湖畔の道路は快適ですが自転車もいるので安全運転で行きます。道端の紅葉がとても綺麗。
 9:55、東大沼キャンプ場に到着。シーズンも終わっているのでキャンパーはいないかと思いましたが、テントが3つほどあります。酒田ナンバーのHONDA ゴリラで来ている人もいました。山形から来てるのかな? 写真撮影で1時間ほど歩いたのでここで少し足を休めるために15分休憩。こんなときのために日帰りでも折りたたみ椅子は持ち歩いているんですよ。

パ シ フ ィ ッ ク 温 泉 ホ テ ル 清 龍 園

クリックで拡大

清龍園

 10:10、キャンプ場を後にして国道5号を北上、八雲町落部から左折して道道67号に入り、上の湯へ向かいます。道路が濡れています。少し前まで雨が降っていたらしい。その上、雪虫が大発生していて走行中にシールドに当たる音が雨粒のように聞こえてきてキモチワルイ。上の湯では銀婚湯が有名ですが、今日は向かいにあるパシフィック温泉ホテル清龍園で入浴にします。
 11:05、
パシフィック温泉ホテル清龍園に到着。東大沼キャンプ場から51km。駐車場は広いけど砂利ダート、雪虫で景色がかすんでいます。入湯料は金500円也。靴、脱衣所のロッカーは無料。洗い場には石鹸のみあります。広い休憩所があって「ご自由に」と書いているけど食堂になっているので休憩だけだと入りにくいかも。
 さて、温泉は若干ぬるめで泉質はぬるぬる系で塩味がします。色は緑茶を薄めたような淡い緑。美肌効果が期待できそう。私にはどうでも良いんですけどね。露天風呂は広いですよ。本当の源泉100%かけ流しという感じです。結構気に入ってしまいました。

クリックで拡大

カラマツ林

 12:00、温泉を出発。道道67号を厚沢部町方向へ進みます。熊が出てきそうな道です。いや、実際に出たそうです。途中見事に黄色に染まったカラマツの林を抜けて行きます。あまり綺麗なので写真撮影。するとどこからか焼肉の匂いがしてきます。焼肉をする場所はないような山奥なんです・・いったい何故? 
 今年の春にここを走ったときは寒かったんだけど今日は涼しいくらい。 厚沢部町清水からおなじみのルートで
国道227へ抜けて鶉(うずら)ダムを左手に見ながら走ると先ほどと同じ焼肉の匂い。それで分かりました。鶉ダムにあるキャンプ場「ハチャムの森」で焼肉やってるんだよ。これが風に乗って山の中を流れていたんですね。
 峠を越えるとエンジンの回転が不調になってきたぞ。ガス欠かも? こんなところで止まったら大変だ! エンジンが息つきするたびにシフトダウンしてだましだまし、13:05、大野町役場前まで来ました。ここでフューエルタップ(コック)をリザーブに。前回の給油から354kmでした。
カワサキZR−7Sは満タンからリザーブまで約350km走ると覚えときましょう。ちなみにリザーブは残り3.2Lですから、燃料消費率20km/Lならばあと62km走ることができるはずです。
 13:45、函館の自宅に到着。本日の走行距離は165kmでした。これで今シーズンのツーリングは終了です。多分ね。
ぐうたらライダーの写真日記へ戻る