平成16年6月27H自動車学校卒業生ツーリング 函館市・上磯町・木古内町・知内町・福島町・松前町・上ノ国町・江差町・厚沢部町・大野町
ぐうたらライダーの写真日記へ戻る

クリックすると大きな画像を表示
 大型二輪免許取得でお世話になったH自動車学校の卒業生ツーリングに参加しました。天候はあいにくの曇り空。今回のツーリングは交通安全を呼びかける啓蒙活動も兼ねているらしく、参加した40人全員がバイクに交通安全の黄色い旗を付けていきました。
地図は左の図ね。クリックで拡大表示します。
 H自動車学校へ8時30分集合。会費1,000円徴収です。これは昼食代と保険と記念品の旗、地図代も含まれています。内容的には安いくらいですね。

クリックで拡大 クリックで拡大

続々と集まるバイク

ここで隊列を整える

 続々と集まってくる人たちの乗るバイクの種類は色々。CBR1000RRやZX-10Rも来て注目を浴びてます。最初に先生からツーリングのコースと予定、隊列について説明がありました。基本は千鳥走行、状況によっては一列縦隊と、フォーメーションを変えるサインが出されるとのこと。速度は法定速度をあまり超えないで走るとのこと。自動車学校ですから立場上しかたがないですね。
 出発は9時10分でした。教習コースの外周を皆で1周してから街へ出ます。函館市街から出るまではかなり道路が混んでいるので、30分ほど走って隣町・上磯町のスパビーチ(プールと温泉のリゾート施設)前で隊列を整えます。ここから先もまだ混んでますよ。

クリックで拡大 クリックで拡大

クリックで拡大

CBR1000RR600F4iも

業務妨害では?

ビュー温泉のとやよろしくね!

 更に走ること40分、10:30に木古内町のビュー温泉のとや前で最初のトイレタイム。駐車場の入口前にバイクがずらりと並んで・・・・これって業務妨害にならないかしら? ここで15分ほど休憩。V-MAXに乗った人と話がはずんで退屈しませんでしたよ。燃費と航続距離が問題だそうです。
 さぁ、ここから千鳥フォーメーションのスタートです。先生達は前に、後にとスピーディーに位置を変えて、危なそうな人の前に入ります。そんなわけで、いつも私の前には先生のバイクが・・(笑)
 11:00頃、北島三郎の故郷、知内町を通過、知内町の名産は農産物がニラ、海産物はマコガレイと牡蛎。知内を過ぎると国道228号は海岸を離れ山間部のルートになります。再び海岸が見えてくると福島町。数々の横綱を生んだ町です。
 次の休憩地点は福島町の横綱記念館と予定表には書いてます。きれいなのぼりがはためいて・・・あら?
通過しちゃったよ! そのまま走って福島町吉岡漁港前で路肩によってストップ。なぜか、ここで休憩。

クリックで拡大 クリックで拡大

クリックで拡大

 12:00、松前町、松前城に到着。海岸線から右へ入って狭い道を登っていきます。結構、急勾配ですよ。傾斜のある場所でバイクを横や斜めに向けて止まる場合は要注意。特に登り斜面でのUターンは私が思うに、習得難易度Aランク、上忍レベルの術です。止まったが最後です。私はBandit400に乗っていたとき、これで2回の立ちゴケを経験しています。2回目では肉ばなれの憂き目を見ています。城の少し上にある小石を敷き詰めてある広場で30分ほど休憩。全員にソーセージと缶ジュースの差し入れ。高曇りで暑いです。またここでライダー達とお話。CBR1000RR さんは何と、納車が昨日で、札幌から函館まで乗ってきたそうです。CBR600RRと比べると1000RRの方が乗りやすいとのこと。ポジションもきつくないんですって。ZX−10R さんは、軽くてパワーがあって速いけど気を抜くと暴れそう、とおっしゃってました。
ここでお弁当が出るとばかり思っていたら、お昼ごはんはまだだそうで・・・腹減ったんですけど。
 松前城を出発して国道に戻るときがまた大変。自動車学校の坂道発進くらいの坂を登って一時停止、そこから国道へ入るなりUターンです。私が一人で走るときは、そういう場所は敬遠して別の場所を通ります。だから上達しないんだな。まぁ、良い経験です。ここから対向車がほとんどいない道路が続きます。ほどよくアップダウンとワインディングが続き、ハイスピードで走ったら気持ちよさそう。あくまで仮定の話です。

 13:35、上ノ国町の
道の駅もんじゅ到着。ここではBandit1200Sに乗ったよっしーさん(ハンドルネーム)と知り合いに。住所は札幌なんだけど仕事で函館にいらっしゃるとのこと。実はよっしーさんのBandit1200Sは納車される当日に赤男爵で見たことがあります。パニアケースを取り付けているので良く見せてもらいました。ここで15分休憩? 食事じゃないんだよ。

クリックで拡大 クリックで拡大

カニせいろ

左側が江差追分会館

 14:05、遂に江差町、江差追分会館で食事と55分の休憩。ペコペコだよ。メニューはカニせいろです。江差は戊辰戦争最後の戦い、函館戦争で幕軍の軍艦開陽丸が嵐のため座礁、沈没した地です。すぐ近くには新生した開陽丸があって、中には海底から引き上げられた数々の物品が展示されています。NHKのドラマで幕末の軍艦が大砲を撃つシーンが良く出てきますが、よく見ると、ほとんどがこの開陽丸の側壁のアップですよ。
写真? ないよ。今日は行ってないもん。
 ここで半数近くの人がガソリン補給をしていました。私は朝に満タン完了しているので、今日の行程なら無給油で行ける予定。


 15:00、江差を出発。10分ほどで山道に入り、国道227号で厚沢部町へ向かいます。厚沢部町はジャガイモのメイ・クイーンが名産。厚沢部町の中心街近くに
道の駅あっさぶがありますが、ここを過ぎると大野町まで40kmほどトイレはありませんのでご注意を。
 自動速度取り締まり装置オービスを対向車線に見てまもなく、厚沢部町木間内の駐車場に到着。
15:35から15分間、最後の休憩。この先、中山峠のワインディングを越えると大野町、北海道新幹線の新函館駅候補地です。
 大野町で皆さんと
さよならして私は大野市街を抜けて家を目指します。大野町は北海道の稲作発祥の地でもあります。田圃の中を抜ける農道を本日の最高速度で走り、プラグその他の煤を完全燃焼させました。そして函館市西桔梗にある流通センターを抜けて大きな通りに戻ろうと信号待ちをしていると、さっきサヨナラした皆さんが目の前を走りすぎていきました。あれーーーー!? 大野市街の信号待ちで遅れをとったらしいです。 平日のこの時間なら大きな道路は通勤ラッシュで遅いのですが、今日は流れが良かったらしい。とぼとぼと皆の横につきます。これってかなりカッコ悪い。ま、いいか。
途中、赤男爵に寄り道してよっしーさんに聞いた中古のBandit1200Sを見ました。走行距離1500km、1年物のシルバー、ピカピカです。このバイク、函館で見ることはほとんどないんですよ。もちろん私は今、買う余裕なんて全然ありませんのことよ。
 五稜郭の自宅についたのが16:50。走行距離は240kmちょうど、燃料消費率は22.2km/Lでした。通常のツーリングでは23km/Lなのでゆっくり走ると少しだけ燃料消費が悪くなるみたい、FIなのでキャブ車に比べると差は大きくないみたいです。

インデックスへ戻る

行 程 表 時間はかなり非日常的なので参考にならないため距離のみ記します

場所 距離 コメント
H自動車学校    
  13.7km 道は混雑
上磯町スパビーチ    
  30.1Km  
木古内町のビュー温泉のとや   ここから車の流れは良くなる
  39.0km  
福島町吉岡   知内町から福島町は山間ルート
  18.6km  
松前城   狭い上り坂、桜の季節(5月上旬)は超混雑
  53.5km 気持ちの良いアップダウンとワインディング、は少ない
上ノ国町道の駅もんじゅ    
  11.0km  
江差町の江差追分会館   昼食と休憩
  27.8km 厚沢部の道の駅以降大野町までトイレはない
厚沢部町木間内(あっさぶちょうきまない)のパーキング   これより厚沢部へ向かう車線はオービスあり
  46.3km  
函館市五稜郭町  
合計 240km  燃料消費率は22.2km/L 

インデックスへ戻る