平成16年5月30函館〜ニセコ日帰りツーリング 函館・森・八雲・長万部・黒松内・蘭越・ニセコ・倶知安
インデックス
 函館から黒松内町まで
 そしてニセコ
 倶知安で回転寿司と温泉
 倶知安町から黒松内町まで
 黒松内町から函館まで 
 行程表
                   ぐうたらライダーの写真日記へ戻る

クリックすると大きな画像を表示
 最近の走行で、追い越時のダッシュ不足が気になるのでマフラーを再びノーマルから WR’s チタンのスリップオンに替えてみました。音が大きいので少し嫌なんだけど背に腹は代えられないのだ。ノーマルマフラーは車検専用と言うことで・・・。コーナーリング時に感じるタンクバッグの固定力の弱さは、固定用磁石に付いている鉄板をタンクとは逆の側に向け(元々そうだったのを間違えて入れていたかも?)、更にタンクと密着する部分のゴムについている汚れをきれいに取り除くことで回復したようなので、今回のツーリングで効果を確かめてみようと思います。
 目的地のニセコは何と言ってもパノラマラインですね。それとね、倶知安町にある回転寿司温泉。回転寿司も温泉も函館にはたーくさんあるんだけど、ツーリング先で楽しんでみたかっただけです。
 地図は左の図ね。クリックで拡大表示します。

 
インデックスへ戻る

函 館 か ら 黒 松 内 町 ま で 
 出発は8時05分でした。晴れていますが行き先の上空は雲がかかっているようです。函館〜八雲町の国道5号線は車の列に挟まれて淡々と走るだけ。それでも今日は流れが良い方です。そういえば函館のオーシャンスタジアムで日本ハムと西武の試合があるんだ。だから函館から出る車は少ないのかも?
 八雲町を過ぎると準高速道路状態になります。函館からちょうど100Kmの地点にある黄色い看板・
ホクレンのGS日曜日に営業してないことが多いの何でだろー? 北海道ツーリングのライダーはここで旗もらうのが流行りですよね。給油はまだ不要。ガソリンはまだたっぷり残ってます。
 9:40 長万部駅前を通過。函館から105kmです。国道は長万部市街と駅を迂回するのですが私は迂回せずに行きます。だって、そっちの方が真っ直ぐなんだもん。私は曲がったことが大嫌い! でもワインディングは好き!
 道路は空いていて時速よえkmで巡航ができます。高曇りであたたかな天気ですが
虫の突撃が激しいですよ。ヘルメットとジャケットでバチバチ音がしてシールドには黄色い汁が飛散します。あーやだやだ。これ乾くとなかなか取れません。そこでツーリングの携行品にウエットティッシュを加えると良いでしょう。
クリックで拡大 10:00
道の駅くろまつないに到着。ここで休憩。コーヒーあんどトイレタイム。ここのトイレはウオッシュレット。
駐車場には赤と緑のカワサキZ1000とZ750がペアで止まってました。
カッコイイ! 駐車場から道路へ出て直後、蘭越寄りで路肩の草むらに人影を発見。あぁ、またやってるネズミ捕獲作戦です。
インデックスへ戻る


そ し て ニ セ コ

クリックで拡大 10:50 蘭越駅近くの交差点を左折して道道229号に入り、更にすぐ先の分岐を右折して道道268号に入って新見温泉そしてパノラマラインを目指します。この道は距離が15km程度で、舗装はされていますが細いワインディングでガードレールがありません。途中、新見峠で
は左側に見事な渓谷を見て走りますが道から飛び出したらエライことになりそうです。標高が上がるに従って前方にニセコの山々が連なっているのが見えてきました。山はいいなぁ!

クリックで拡大 クリックで拡大
神仙沼駐車場 雪を被った山々
クリックで拡大 クリックで拡大
岩内を望む 道ばたに残雪

 11:10 道道66号ニセコパノラマラインに合流して右折します。左折は岩内、右折はニセコです。この道は札幌近郊ではライダーのメッカです。走り屋さんが多いのでピースサインは帰ってきません。車も意外と多く、この時期は山菜取りで路肩に駐車している人が多いんだな。10分ほどでバイクがひしめき合う大きな駐車場へ。どのバイクもタイヤが端まで使われています。端が残っているのは私のタイヤだけ。ちょっと恥ずかしいです。ここが神仙沼。展望台へは歩いて5分。沼は展望台の反対側で片道15分。疲れるから行くのは展望台だけにします。展望台からは眼下に岩内の海岸線が望め、沼へ続く道の入り口には、まだ雪が。レストハウスのトイレはシャッターが閉まっていて使えませんでした。
 私が到着する少し前に駐車場入り口でバイク事故があったようです。単独事故らしいのですが、バイクは宙を飛んだそうです。やがて救急車がやってきて怪我をしたライダーを乗せていきました。命に別状はなさそうです。この駐車場は車やバイクの出入りがひっきりなしなので要注意ポイントですよ。
 ここから倶知安へ行くので途中から五色温泉側へ左折すると良いのですが、駐車場で他のライダーから仕入れた情報によると、五色温泉から倶知安までは道が細く、バスが登ってくると、すれ違うのも大変ということなので、ニセコ近くまでパノラマラインを走って比羅夫へ抜けて倶知安を目指します。
 11:50 神仙沼駐車場を出発。途中の残雪でスキーを楽しんでいる人たちがいました。ニセコへ向かう場合、この道の注意点は道道207号との分岐点で、道なりに真っ直ぐ行くとそのまま道道207号に入ってしまい、
道道66号パノラマラインサヨナラして昆布へ降りてしまうことです。ニセコへ向かうには左折、すなわち道道66号パノラマラインはここで直角に左へ折れているわけです。
クリックで拡大 12:10 道道343号への分岐を左折して進路をニセコから比羅夫経由倶知安方向へ変更します。
蝦夷富士・羊蹄山が眼前にそびえています。
インデックスへ戻る



倶 知 安 町 で 回 転 寿 司 と 温 泉
クリックで拡大 12:30 倶知安町にある回転寿司・羊蹄丸に到着。道道343号に入ってから13.5km、函館から208.7kmです。お腹が空きました。 この店、横の駐車場がバイクで埋め尽くされていました。
 さて寿司のお味ですが、美味しいです。しかもネタが偏りなく色々回っているので楽しんで食べられました。Goodです! 食事代は10皿で2,368円でした。食べたネタは、エンガワ、イクラ、本穴子、大トロ、鮭、生タラバ、シメサバ、ビンチョウマグロ、ハマチ等。ここで20分間の休憩。
クリックで拡大クリックで拡大 そして、ここからすぐの旭が丘公園へ行って芝桜見物。晴れていればもっと綺麗だったでしょうね。時期的には少しずれている感じですが、満開より前なのか後なのか判りません。沢山の人でにぎわってましたよ。
 旭が丘公園から少し先にあるのがホテルようてい。道道58号沿いにあって、そのまま進むと狭いワインディングを通って五色温泉へと続いています。このホテルようていで温泉入浴。入湯料は500円。シャンプー・ボディシャンプー・ヘアドライヤー備え付けです。ロッカーは無料。休憩所は狭いです。泉質は重炭酸塩泉で少しぬるぬる系。体が良く温まる感じがします。
 休憩して給油も済ませ、倶知安町を出発したのは1時間30分後の14:00。ちなみに倶知安で入れたガソリンの単価は函館よりも安かった!
 

インデックスへ戻る
倶 知 安 町 か ら 黒 松 内 町 ま で
 蘭越町を走るときには黒い覆面をしたセダン気を付けましょう。私は捕まってませんが、よく見かけるのです。
 14:50 道の駅くろまつないに到着。コーヒータイムで25分
間休憩。 
インデックスへ戻る
黒 松 内 町 か ら 函 館 ま で
 帰りになるとツーレポがいいかげんになるMartianですが、今回も例に漏れずいいかげんです。国道5号は八雲〜函館は車列がずーっと続くので退屈です。
我慢できないので、森町から砂原町、鹿部町、城岱牧場を抜けて行くと遠回りだけど車が少ないのでハイスピード走行ができます。但し砂原町ではパンダカーに注意です。
 
18:00 函館の自宅に到着。走行距離は425.9kmでした。日帰りとしてはちょっと長かったかな?
 WR’sのチタン・スリップオンはダッシュ力、燃費、走りやすさにおいて良好な効果がありました。音は大きいです。パワーを感じさせる音質ですよ。そしてタンクバッグの密着性は合格点でした。達成感の得られた良いツーリングでありました。

インデックスへ戻る

行 程 表

場所 距離 所要時間 コメント
函館      
  105km 1時間35分 八雲を越えると車の流れが良くなる
長万部駅     通過
  25.1km 20 道は空いている
道の駅くろまつない     30分間休憩  
  22.9km 20分 道の駅を出てすぐ蘭越側でネズミ捕獲中
蘭越駅近くの交差点     道道229に入ってすぐに道道268へ 新見温泉方向
  17.6km 20分 道幅の狭いワインディング 景色は抜群なだけに要注意
ニセコパノラマライン     右折してニセコを目指す
  4.2km 10分 意外と車が多い
神仙沼駐車場     30分間休憩  展望台まで徒歩5分 
  20.4km 20分  
道道343号への分岐     比羅夫経由で倶知安を目指す 羊蹄山が眼前に
  13.5km 20  
倶知安町回転寿司・芝桜・温泉     食事・入浴・休憩・給油を含めて1時間30分
  51.9km 50 蘭越町では黒い覆面セダンご注意を!
道の駅くろまつない     25分間休憩
  159.5km 2時間45分 森町から砂原町、鹿部町、城岱牧場経由で
函館     18:00到着
合計 425.9km 7時間  18.2L給油。燃料消費率は23.4 km/L まあまあだね。

インデックスへ戻る